パンク/ハードコア/サイコビリーの伝説的ドラマー達が、圧巻のトリプル・ドラム・セッションを繰り広げるユニット、「恒正彦」の初音源・映像作品が完成し「恒正彦 三人のインタビューを行った。
今回は第二弾恒正彦の「彦」ことHIKO(GAUZE etc.)の単独インタビュー。
旧知の友人であるため話が弾み、HIKOのビールの缶は次々と空いて行き、ドラム観やGAUZEのことなど、普段なかなか聞けない話を聞けた必見のインタビュー。


GAUZE以上にバトルしても怒られないから(笑)

—DVDの最初の方の映像で、HIKOのスネアのヘッドに何か書いてあるじゃない?あれは何が書いてあるの?

あれは薩摩琵琶で九州の琵琶奏者の人と一緒にやったときの耳なし芳一の壇ノ浦という曲の歌詞が書いてある。あの歌詞は適当じゃないんで、壇之浦という曲をやっているところにブラスト入れたりしてやるのに、歌詞をきっちりわかった上でやりたいと思っていたからスネアに書いておいた。


—このバンドをやるきっかけはMASATOに聞いたんだけど、TOSHI-LOW(BRAHMAN)が飲み屋に居てとかそんな感じなの?

MASATOと俺はツインドラムはやっていたんだけど、MASATOの思いつきでトシちゃん(TOSHI-LOW)に「ツインドラムで出してよ」っていったら、やっぱりトシちゃんはプロだからGAUZEとASSFORTじゃ知名度が実際低いので、ハイスタのツネちゃんを混ぜてトリプルでやったらいいんじゃないの?って言ってくれて。


—よくドラムだけでライブとかやってるのは全部バトルなの?トーナメントはわかるけど。

基本的に全部バトルだよね(笑)MASATOともバトルでよくやってた。


—HIKOが基本的にドラムだけのライブではそうだってこと?

GAUZEもバトルだけど、GAUZE以上にバトルしても怒られないから(笑)GAUZEだと「そこ早すぎる」とか「走っちゃダメ」とかあるから(笑)だってGAUZEってJ-POPだもん(笑)歌詞をきっちり聞かせるための音楽だからやりすぎたら怒られる。でも、ドラムのバトルとかインプロってやりすぎじゃない奴が怒られるから、すごく俺の性に合ってるかなって感じで。


—ソロは何回かやったことある?それは決まり事とかあるの?

ソロでもやるけど、最近のテーマはドラムセットを組みながら「自民党に投票する奴って何者なんだろうね?また自民党が過半数を取って最悪じゃん!」とか話しながらやってる(笑)。お客さんも「これは話しかけてくれているんだろうな」と思っているんだけど、演出だと思ってるみたいでシーンとなってる(笑)


—マイクつけてやればいいじゃん(笑)

マイク通しちゃうとエフェクトかけられてる感じがして嫌なんだよね。ドラムセットもフロアに置いて生音でやってるから。笛も持ってて、デモとか首相官邸前の「再稼働反対」とか「原発いらねぇ」「子供をまもれ」とかのコールのリズムをブラストビートでやったりしてて(笑)これが今一番東京っぽい音だと思ってるから。

—そういうことをやるというのはメッセージがあるということだよね?

メッセージというか、ちょっと負い目になっているというか。みんな張り切ってやっているし、俺も参加したいと思って。俺はどっちかと言うとノンポリ系で、漠然と「よくないよね」っていうノリだから(笑)でもノンポリはノンポリなりに「嫌だな」と思ったことは、せめてささややかにでも言いたいなと。

聞いた一般人全員の頭の上に「?」マークがつくようなのがハードコアだと思ってる

—GAUZEだと言うことがちゃんと決まってたりするから?

GAUZEはいい大人が集まってきっちりとグルーヴを出すというのが凄いことだと、奇跡だと思ってる。それは日本語の歌詞がわかるわけだから、そこにエネルギーをバーンと。
既にあるジャンルの音楽をやること自体が凄くつまらなくて。ハードコアとか、スラッシュメタルとかそんなんじゃなくて、GAUZEはいい大人が集まってこれをみんなに伝えようっていうためのものだから。


—しばらくGAUZEを観に行っていなくて、久しぶりに行ったらびっくりしたもんね。

ハードコアってスタート地点がDISCHARGEとかCHAOS U.Kとかのリズムで速かったから「速くなきゃ」みたいなのがあって、今でも簡単にコピーをされるスピードじゃダメだと思ってるから。一般人にはコピーを絶対に許さないのがハードコアだと思ってる。聞いた一般人全員の頭の上に「?」マークがつくようなのがハードコアだと思ってるから。
「凄い速い曲だったねー、楽しかったねー」なんて言われるようなのは、そんなのはハードコアじゃない!!!


—カッコいいね!素晴らしい!

じゃあGAUZEはどうか?っていったら、速い方がいいけど「この言葉を伝えるためには、このテンポでこうやってこうがいいよね」ってやってるから、もうその時点で俺はハードコアじゃないと思ってるから。だから俺はみんなにGAUZEはJ-POPだって言ってるもん。


—GAUZEはJ-POPだって言うのが頭に「?」マークがつくけどな(笑)

それはみんなが考えてください(笑)じゃあ純粋にハードコアのバンドは何がある?って言われるとわかんない。


—それは周りの人間が決めることなんじゃないの?恒正彦がハードコアって言われるかもしれないし。

ああ、でも言われたいなというやり方はしているけど。

みんな言わないけど「俺が1番凄いぜ!」って思ってやってるから(笑)

—HIKOから見て他の2人はどんな感じなの?

MASATOは小熊のチンピラみたいな(笑)体中絵だらけのかわいい小熊みたいな(笑)MASATOは本当にロッケンローラーでモーターヘッドがカラフルになってドカーンとやってる感じ。ツネちゃんはDVDでも言ってるけど、ジャズドラマーがシャブ中になったみたいな(笑) 言葉遣いがすごく丁寧だけどすごく怒ってるみたいな凶悪な感じ(笑)


—その2人がいて、じゃぁ自分はどんな感じなの?

俺は、散らかしちゃえー!みたいな(笑)


—(笑)よくドラムだけでライブをやったりするけど、その魅力って何なの?

ドラムだけじゃなくて別にいいんだけど、加減をしながらやるのをGAUZE以外ではもうやりたくなくて。


—GAUZE以外でやってることは全部加減はしないの?

絶対したくない。GAUZEはきっちり歌詞を聞かせるために、ここは抑えて、ここは一気にとかやるから。


—それがないのが恒正彦の魅力なの?

うん。みんないいフレーズとかが耳に入ってくるとそうなってはくるけど、三人とも「俺の方が凄いぜ!」という気持ちじゃない(笑)ネットで「誰が1番かっこよかった」とか書かれると「許せない」ってみんな怒るから(笑)


—DVDで「決め事のアンサンブルみたいなのは嫌いだって言ってたけど、三人の中で誰かやりたいなと思ったらやってもいいの?

やんないね(笑)そんなことするならバンドやりたいね(笑)


—この3人だと他のユニットと違うことはあるかな?

特には無いけど、絶妙な3人が集まったなという実感はある。俺が3人集まったらドカドカやって「うるせぇなぁ」ってつまんないって思うけど。


—三者三様なんだね。

基本的に、一応「受けて立つぜ」みたいなバトル(笑)一緒に仲良く和気あいあいやってるクセに、始まるとドーン!みたいな(笑)結構トリプルドラムとかやると、そういうのが好きじゃない人は途中で叩くのをやめるんだよね。あからさまに止まる人がいるからね。「そんなのついていけない」「嫌だ!」みたいな(笑)


—この3人で演奏してて、HIKOが意識してることはある?

キャラを立たせることが1番大事。俺がやってることは基本的にGAUZEなんだよね。「絶対に止まらない」とか「絶対に怯まない」とか、そういうのが伝わったらいいなと思う。


—チューニングとかは変えてる?

適当(笑)2人は自分のドラムセットを持ってきたりして凄くて、ツネちゃんとかメジャーで測って何センチとかまでやってて、俺は「そこにあるやつでいいです」って(笑)


—他の人に合わせたチューニングとかしないの?

ソロで「ブラストでガンガンやったほうがいいな」と思う時はチューニングを高くしたり、ストリッパーの人とやるときとかローな方が良いときは低くしたりするけど、恒正彦のときはなるべく2人に被らないようにっていう感じぐらいで、そんなのは深刻な問題じゃない。


—リーダー的な人はいるの?3人の中の役割的なもので引っ張っていくとかそういった感じの人とか。そこも三者三様?

ツネちゃんはハイスタでずーっとやってたから、物事がひらめくと周りのスタッフとかを使って動いたりするのはデカイ動きの人だなと思う。俺が去年、とにかく人に真似されるのが嫌だから「何か作品を残そうよ」って言ってからツネちゃんが動いてくれて。


—この3人でやるというのはモチーフがあったりするの?

モチーフはバトルだよね。MASATOと俺が基本的にバトルだったし。実際やってみたらツネちゃんもバトル好きだから(笑)みんな言わないけど「俺が1番凄いぜ!」って思ってやってるから(笑)


—そうやって聞くとまた面白いね(笑)CDも聞いて DVDも見たんだけど、CDは誰が誰だかわかりづらいよね?

わかるわけねーよ(笑)


—だからDVDも一緒に入ってるのか(笑)


次のページへ→